FC2ブログ

ユーコープ労働組合

ユーコープ労働組合の公式ウェブサイトです。

2019年度地域別最低賃金改定額の目安を答申  


7月31日早朝、中央最低賃金審議会は、2019年度地域別最低賃金改定額の目安をAランク28円、Bランク27円、C・Dランク26円(神奈川県はAランク、静岡県・山梨県はBランク)と出しました。これを受けて地方最低賃金審議会が具体的な改定額の審議に入りました。
今年は骨太方針2019に盛り込まれた「地域間格差に配慮する」ことがどう答申に反映されるかが注目されました。目安通りの改定ならば、最高の東京は1013円、最低の鹿児島は787円で、その格差は224円から226円へさらに2円拡大することになります。最低賃金はより早期に全国加重平均1000円をめざすとしてABランクに高い目安としましたが、目安額ですでに格差をつける答申では地域間格差は拡大するばかりです。
ユーコープ労組では毎年この時期に最賃ステッカーアピール行動をしています。今年は8月5日、「最賃ステッカーアピール行動」を3県一斉に実施し、子会社を含む全業態のなかま1961人がアピールしました。
すでに神奈川地方最低賃金審議会では中央の目安を受け、8月5日に目安通り28円引き上げて1011円に改定するよう答申しました。静岡・山梨でもこれから地方最低賃金審議会が開催される予定です。
2019_0805 最賃ステッカーアピール行動
8月5日に各職場で行われた最賃ステッカーアピール行動
2019_0805最賃引き上げ行動(第2合同庁舎) (17)
8月5日に神奈川県第2合同庁舎で行われた神奈川地方最低賃金審議会に向けてアピール

最低賃金ステッカーアピール行動  


2018年8月2日、ユーコープ労組では各職場において、
「最低賃金いますぐ1000円!めざせ1500円!」をスローガンにして、
仕事の制服などに最低賃金ステッカーシールを貼りつけて働くことで、社会に広くアピールしました。
最低賃金は中央での目安を受け、現在各県ごと最賃審議会で改定額について審議が行われています。
2018最賃ステッカーアピール行動02
2018最賃ステッカーアピール行動03
2018最賃ステッカーアピール行動01

最低賃金裁判 最高裁上告棄却  


2017年10月18日、最高裁判所第三法廷にて最低賃金裁判上告審の上告棄却・上告申立不受理の判決文が通知されました。
詳しくは、こちらをご覧ください。
最低賃金ニュース(神奈川労連事務局)
「最低賃金裁判最高裁・不当判決にあたっての声明」

最低賃金ステッカーアピール行動  


2017年8月3日(木)、労組員による最低賃金ステッカアピール行動を実施しました。
労組員2000人以上が参加し、職場で地域で自宅でなどそれぞれの場所で
最低賃金いますぐ1000円めざせ1500円をアピールしました。
2017_0803最賃ステッカーアピール行動s

最低賃金署名行動 静岡駅  


2017年3月4日(土)静岡県支部協議会運営委員会終了後、静岡駅前地下道に移動し、
会議出席者で全国最賃制の実現を求める署名行動を行いました。

6人で約30分間取り組み、13筆が集まりました。
「静岡県の人口流出は確かに問題」
「私は自民党支持者だけど、あんたがあんまり熱心だから」

など、さまざまな方にご意見を伺うことができました。
2017_0304静岡県支部協議会署名行動

最低賃金裁判控訴審判決日に参加しました。  


2016年12月7日(水)東京高等裁判所にて
最低賃金裁判控訴審がおこなわれ、、
司法の責任を放棄する「棄却判決」という非常に残念な判決となりました。

裁判傍聴希望者は傍聴席98に対し、122名で抽選となりました。
ユーコープ労組からも17名が参加しました。

裁判参加者は判決後、デモ行動を行いました。

15319200_1528977620452818_7477609129755960055_ns.jpg
15327322_1528949660455614_6127826334134076719_ns.jpg
2016_1207最賃裁判高裁判決日 (5)s
15327441_1529019493781964_5159799130743155245_ns.jpg