FC2ブログ

ユーコープ労働組合

ユーコープ労働組合の公式ウェブサイトです。

労組掲示板93「休憩を取得しましょう」  


労組掲示板93「休憩を取得しましょう」をアップロードしました。

休憩取得は、
就業規則と労働基準法順守、
組合員に安心安全を届けるため、
そして自身の身体を守るため、
必ず取得しましょう!

労組掲示板92映画「家族はつらいよ」特別インナー券販売  


労組掲示板92「山田洋二監督作品家族はつらいよ特別インナー券販売」をアップロードしました。

山田洋二監督作品
家族はつらいよ
妻よ、笑顔を下さい。夫よ、離婚を下さい。

特別インナー券を990円で販売します。
締切は3/8(火)まで、詳しくは掲示板をご覧ください。

さんらいず37号  


さんらいず37号をアップロードしました。

今回は春闘要求決定・提出の件、団体交渉参加要請、ユーコープ中途採用者の意気込み、戦争法廃止2000万署名Q&A、等です。
sunrize37.jpg

労組掲示板91  


労組掲示板91「春闘要求を理事会に提出」をアップロードしました。

「ピースツアー靖国神社ってどんなところ?」開催報告  


昨年9月の「戦争法の強行採決」後、益々戦争の足音が近づいているような気がする最近ですが、
2016年2月6日(土)、12:45より、
かつての太平洋戦争で、犠牲となった方の英霊が祭られているという
「靖国神社」ってどんなところなのか、見学に行きました。
労組員のお母さん(89歳)も参加され、神奈川地域から総勢14名が参加しました。
「新宿平和委員会」檜山さんのガイドで、第一鳥居から境内は1時間、遊就館内は1時間半かけて見学しました。
2016_0209ピースツアー靖国3
2016_0209ピースツアー靖国4
2016_0209ピースツアー靖国2
2016_0209ピースツアー靖国
<参加者の感想>
  • 靖国神社には何かモヤモヤしたものを感じていたので、歴史や成り立ちなどを知りたいと思い、今回参加しました。
  • 戦没者慰霊のイメージの裏に、国のために死ぬことを是とする考えが潜んでいるのは、とても恐ろしいことだと思います。
  • 戦争は美化させてはいけない。人の命を軽んじて、弾丸と同じ扱いにしてしまうようなことは、絶対にしてはならないと思います。
  • 入口から建っているすべてのものに重い意味を持ち、考えさせられながらの体験ができました。
  • 戦争に対する深い意味を、別の角度から見ることができたのと、靖国では都合の良いところしか紹介してなく、戦争を肯定するかの内容にも強く疑問を感じました。

労組掲示板89・90  


労組掲示板89「3・9中央行動に参加しましょう(神奈川・山梨版)」をアップロードしました。

労組掲示板90「3・9中央行動に参加しましょう(静岡版)」をアップロードしました。

「ピースツアーin島田・牧之原」開催報告  


2016年1月29日(金)、冷たい雨の中、講師の村枝さんを含めて8名の参加で、島田・牧之原エリアの戦跡めぐりをしました。

米軍は、1945年7月26日静岡県内3か所(島田・焼津・浜松)に、「模擬原子爆弾」を投下し、
島田の普門院では、登校前の多くの子供を含む犠牲者が出たそうです。(即死者33名)
このほかにも「模擬原子爆弾」は46か所に投下されていて、
人的被害が大きかったところが島田だったということです。

当時、旧日本軍の殺人光線「Z」研究所が島田にあり、
跡地がつい最近まで残っていたそうですが、
1~2年前に壊されてしまったそうです。
研究にはノーベル物理学者の湯川秀樹や、朝永振一郎などが参加していたそうです。

牧之原(おうちCO-OP牧之原センター近く)にあった海軍航空基地は、
朝鮮人や静岡刑務所の囚人などで、労働不足を補いながら建設されたそうです。
ここは訓練基地だったそうですが、地形の関係で墜落する飛行機も多かったようです。
そして、ここの卒業生はと、特攻隊として出撃し戦死しているそうです。
今は、ほとんど平和な茶畑になっていますが、一部周辺には防空壕指令室や弾薬庫が残っています。

説明風景6海軍魂注入棒1普門院_機銃掃射_傷練習機1

<参加者の感想>
  • 島田で模擬原爆が投下されたことは知っていたが、実際の爪痕をみると被害の大きさを実感した。
  • 島田でこんな研究があったことや、実験場があったことも驚きで、教科書では学ばないことであるし、知らずに過ごしてきたことを考えると平和に暮らしていることに感謝し、二度と戦争を行ってはいけないと強く思った。
  • 戦争体験をすることなく生きてきた今、過去のことを知ることにより、より平和の大切さを知り、子や孫のためにも願わずにいられない。
  • 戦争をしらない世代でも戦争について話すことが平和を考えるきっかけになると思う。
  • 「国際紛争を解決する手段として、武力による威嚇、武力行使をしない」と憲法で宣言している私たち一人一人が自覚的に考え行動しないといけないと改めて強く思った。