ユーコープ労働組合

ユーコープ労働組合の公式ウェブサイトです。

「ピースツアー靖国神社ってどんなところ?」開催報告  


昨年9月の「戦争法の強行採決」後、益々戦争の足音が近づいているような気がする最近ですが、
2016年2月6日(土)、12:45より、
かつての太平洋戦争で、犠牲となった方の英霊が祭られているという
「靖国神社」ってどんなところなのか、見学に行きました。
労組員のお母さん(89歳)も参加され、神奈川地域から総勢14名が参加しました。
「新宿平和委員会」檜山さんのガイドで、第一鳥居から境内は1時間、遊就館内は1時間半かけて見学しました。
2016_0209ピースツアー靖国3
2016_0209ピースツアー靖国4
2016_0209ピースツアー靖国2
2016_0209ピースツアー靖国
<参加者の感想>
  • 靖国神社には何かモヤモヤしたものを感じていたので、歴史や成り立ちなどを知りたいと思い、今回参加しました。
  • 戦没者慰霊のイメージの裏に、国のために死ぬことを是とする考えが潜んでいるのは、とても恐ろしいことだと思います。
  • 戦争は美化させてはいけない。人の命を軽んじて、弾丸と同じ扱いにしてしまうようなことは、絶対にしてはならないと思います。
  • 入口から建っているすべてのものに重い意味を持ち、考えさせられながらの体験ができました。
  • 戦争に対する深い意味を、別の角度から見ることができたのと、靖国では都合の良いところしか紹介してなく、戦争を肯定するかの内容にも強く疑問を感じました。